9条ネット岡山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憲法9条全国投票の結果―憲法の危機が迫る


 憲法記念日を含む4月21日~5月6日の間、憲法9条改定の賛否を問う街頭シール投票を全国46ヶ所で実施しました。
 結果は以下のとおりです。

守る    7878(76%)     
変える   1375(13%)  
わからない 1180(11%)
合計    10433                   
 
 10年には81%、11年には79%であった「守る」への投票が、今年はさらに減少しました。
 山陰の米子、松江では「守る」がいずれも48%と、半数を切りました。
 政府によって煽られている―朝鮮共和国、中国との緊張関係および、石原慎太郎、橋下徹「大阪維新の会」など極右勢力の影響力が確実に広がりをみせ、それぞれの選択の比率に反映しているものとおもわれます。
 労働者民衆の生存権を守る運動と一体で、平和・憲法改悪反対の運動を再建する必要が切実に求められています。

岡山市 5月1日
2012年 05月01日 岡山@
「守る」223(約65%) 「変える」62(約18%) 「わからない」56(約16%)
合計341


倉敷市 5月1日
2012年 05月01日倉敷@
「守る」219(約61%) 「変える」85(24%)   「わからない」56(約16%)
合計360


詳しい事はブログを参照してください。

憲法9条 守る?変える?全国投票 12
http://qztwel.exblog.jp/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。