9条ネット岡山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岡山市に抗議のFAX,メールを!   岡山シンフォニーホールが     在日朝鮮人歌劇団の使用を不許可

岡山市の文化施設「岡山シンフォニーホール」が、右翼団体の抗議が予想されるとして会場使用を不許可にしました。
以下に新聞記事と県市議会議員のアピールを添えます。


一読のうえ、ぜひ岡山市長とシンフォニーホール理事長に抗議と撤回の要請のメール、FAXを送ってください。
(できればFAX)
昨年の倉敷市には約350の要請が届きました。
今回は(短くて結構ですから)それを上回る数をお願いします。


要望先

財団法人 岡山シンフォニーホール(岡崎彬 理事長)
〒700-0822 岡山市表町1-5-1
電話:086-234-2001 FAX:086-234-1968
Eメール:info at okayama-symphonyhall.or.jp


岡山市(高谷茂男 市長)
〒700-8544 岡山市大供一丁目1番1号
電話.086-803-1000(代表) Fax.086-803-1744
e-mail hisho at city.okayama.okayama.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


在日朝鮮人歌劇団の使用を不許可 岡山市の文化施設
2007年09月06日21時57分 朝日新聞

http://www.asahi.com/national/update/0906/OSK200709060068.html

 在日朝鮮人の音楽家らでつくる金剛山歌劇団(東京都小平市)の公演に対し、岡山市の文化施設「岡山シンフォニーホール」が、右翼団体の抗議が予想されるとして会場使用を不許可にしたことがわかった。歌劇団の岡山公演実行委員会は、ホールの指定管理者の財団法人「岡山シンフォニーホール」を相手取り、不許可の取り消しを求めて近く岡山地裁へ提訴すると6日に発表した。

 実行委の邊日銖(ピョン・イルス)委員長によると、実行委は今年1月に、財団へ11月のホール使用を申請。7月20日に不許可が決まった。歌劇団は同ホールを95年以降、計4回使っている。

 財団によると、申請受理後の1~6月ごろ、右翼団体とみられる街宣車が数回、「会場を使用させるな」という趣旨の抗議行動をホール周辺で展開。03年の公演時も同様の抗議があったという。財団は「抗議行動で他のテナントへの迷惑が予想され、岡山市と協議し、安全な施設管理のため不許可にした」と話す。

 邊委員長は「公共施設でありながら不当な圧力に屈し、憲法の保障する表現の自由を侵害する行為だ」と批判している。

 同歌劇団をめぐっては、同県倉敷市が昨年、市民会館の使用を許可後に取り消して争いとなり、岡山地裁が処分の執行停止を決定。仙台市でも同様の争いが起き、仙台地裁が今年7月に処分の執行停止を決定。仙台高裁も同市の即時抗告を棄却するなどしている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・



緊急のお願い

表現の自由を踏みにじる
シンフォニーホール使用不許可処分の撤回を

 既に新聞等でご存知のことと思いますが、岡山市シンフォニーホールは金剛山歌劇団の公演に対して、会場使用を不許可としました。
 歌劇団の岡山公演実行委員会は、11月12日に予定されている岡山公演の実現にむけて、岡山市と財団法人岡山シンフォニーフォールに対する要請活動への協力を呼びかけています。

 これまで大きな混乱もなく同ホールで行われてきた公演に対して、一部の右翼団体の抗議行動の恐れを根拠として、財団法人岡山シンフォニーフォールが会場使用を不許可にすることは極めて不当です。
 一部右翼団体の暴力的行動によって、集会・表現の自由が奪われるようなことがあってはなりません。まして岡山市ががそれに加担するかのごとき動きをとることは許されません。

 岡山市はホールの管理は指定管理者(財団法人岡山シンフォニーフォール)が行うもので、岡山市は関係ないという態度をとってきました。
 指定管理者には使用許可・不許可の権限が与えられています。しかし住民の自由な利用を保障する「公の施設」に対する、自治体の責任をあいまいにしてはなりません。
自治体には公の施設の設置者として、指定管理者の管理の適正を期するために必要な指導、監督、指示を行う責任があります。岡山市は市議会総務委員会で、市に責任があることをようやく認めましたが、この間の無責任な対応は許されません。

 そして何より、正当な理由がない限り利用を拒否できない、不当な差別的取り扱いをしてはならないという当たり前のことを岡山市に守らせなければなりません。

 実行委員会は行政訴訟も準備しています。昨年は倉敷市民会館使用に関して、岡山地裁で不当な処分を取り消す決定が出されています。各地の訴訟でも同様な決定が出されており、指定管理者と岡山市の対応に正当性がないことは明々白々なのです。
 処分撤回を求める声をあげてください。
 市民の声で岡山市の姿勢をただしましょう。

 2007-9-9
           岡山県議会議員 横田えつこ
           岡山市議会議員 鬼木のぞみ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【メーリングリストから転載】
桃

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。